top of page
  • 酒井

薬剤を使うから,こその処理剤について


美容室は薬品を多く使います。

どうしても「パーマ」や「カラー」には必要なので

ですが薬品類の多くは、髪の毛の負担になってしまいます。

「でもやらない訳にはいかないし、でもダメージもさせたくない」

これはお客様が当然思う事です。

そんな方は安心して下さい。

僕は、貴方様がダメージさせたくないと思っている以上に、ダメージさせない事を、考えて工夫します。

どの様な工夫なのかというと、色々あるんですが・・・はしおります。

一つはこの・・・・「処理剤の工夫」!!!