• 酒井

薬剤を使うから,こその処理剤について


美容室は薬品を多く使います。

どうしても「パーマ」や「カラー」には必要なので

ですが薬品類の多くは、髪の毛の負担になってしまいます。

「でもやらない訳にはいかないし、でもダメージもさせたくない」

これはお客様が当然思う事です。

そんな方は安心して下さい。

僕は、貴方様がダメージさせたくないと思っている以上に、ダメージさせない事を、考えて工夫します。

どの様な工夫なのかというと、色々あるんですが・・・はしおります。

一つはこの・・・・「処理剤の工夫」!!!

美容業界には、沢山の処理剤が存在いたします。

 お客様の髪の毛をダメージさせない為に、沢山出てきました。・・・が

内容はピン~~~~~~~~~キリです。

そして使う人によって、効果もピン~キリ

本当に活かす為には、内容を理解して、そしてさらに工夫が必要(試行錯誤)

頭皮や髪の毛はの状態は、その時によって違うのに、毎回同じアプローチで良い訳ありません!

お肌も同じじゃないでしょうか?

カサカサの状態なのに、洗浄力強いアイテムを使っていい事は多分ないはず・・・

でも脂ぎっしゅな時なら活かせるはず

処理剤だって同じ

なので、思考してアプローチします。

「前回のカラーから2週間目、デリケートな状態にパーマのアルカリは影響が大きい・・・まず内部にカチオン性キトサンで薬剤から保護しよう!」

「タンパク質の流失が多くなりそうだな・・・メドウフォームーラクトンでタンパク質やPPTの結合をさせておこう」

「パーマとカラーの定着をしっかりさせたいなぁ・・ヘマチンを間に補給してみよう」

色々な工夫が処理剤だけでもあります。

これは技術のカットやパーマのワインディング・カラーの塗布の工夫とは別です、

もっと技術は深くこだわりますが・・・今回は、はしおります・・・・・

I.Kには、こんなに処理剤があります。

沢山ありますね~でもまだ増やしたいんですね~勉強して沢山試していかないといけません。

多ければいいって訳ではなく、もっと良い物に巡り合う為には、必要な過程なのでしょう。

コストはかかっても、

きっと髪の毛が痛みにくいならお客様も満足!

そして工夫が良い結果になれば僕も満足!

いっぱい頼んで貰える業者さんも満足!!!

いい事ばかりですW

最近はブログも書く時間もないほどに、なってきました(^0^)

ありがたや~

#ケア

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示