• 酒井

ストレートパーマはじまめした


まぁ前からあるんですけどね(笑)

みなさんは一度は経験や聞いた事は、あると思いますが、

髪の毛を真っ直ぐにしてくれます。

でも仕上がりは色々なパターンがあります、

例えば

「真っ直ぐすぎ!ツンツン!」

「最高に楽」

「梅雨にはかかせない」

「毛先チリチリやないか~い」

「めっちゃ痛んだ」

「すぐ落ちた」

「しばらく真っ直ぐパーマかからなくなった」

などなどとパターン様々

苦悩もあれば、喜びも、

そう!

凄く変わる結果が待っているのです。

髪の毛の状態や、技術者によってや、毎回変わった結果になる人もいるのではないでしょか?

何が言いたいのかと言いますと・・・

ストレートパーマってめちゃくちゃ難しいです。

やる事は単純にまとめられます。

1液付けて→流して→乾かして→アイロンして→2液付けて、ハイおしまい・・・

でもですね、本当に難しい技術なんです。

これを難しいと思わない美容師や、いつも通りやっている美容師に大当たりすると

先ほどの、どれになるか分からない結果が待っています。

昔からある技術なので、みんな練習しないんですよ・・・単純そうだし・・・

技術も知識の勉強も、98%の美容師は見直しません・・・たぶんそうです。

上手く仕上がった人は、運が良かったんだなと思っていいですw

私は、勉強し直しました。

勘違い起こしそうですけど、前から勉強はしていますよ!!

更にっと言う事です!

人のいい所を真似するのが多分得意な方です、すぐに良い物を試したくなります、

真似は成長に欠かせません。

そこで今回はストレートパーマに目を付けました。

必然的にそうなるんです、時期的にも丁度良い内容です。

まずは薬剤ですが、従来品のアルカリ度の半分!還元濃度はハードタイプ同等量!

ダメージ毛用には、「チオグリセリン」「システイン」配合!

酸性域薬剤には「スピエラ」「GMT」!パーマライン薬剤からも混ぜます!

これは、ワクワクしますね!!

意味分かりません?

美容師の人はワクワクしますよねっ!?

更に!美容師用に

  • グリシスHG pH9.0/アルカリ度3ml/チオグリコール酸8.0%(ジチオグリコール酸1.0%)

  • グリシスS pH7.5/アルカリ度0.2ml/チオグリセリン2.5%/システイン2.0%

  • プロテクト(シールド)

  • グリシスSH pH2.8/還元力無し/ヘアトリートメント

  • 2剤

  • グリシスHG pH3.0/過酸化水素1.5%

ただの商品説明ですが、良くないですか?

このラインを髪の状態や、当然健康毛とダメージ毛と付け分けたり、

部分によって薬の配合を作り変えますので、毎回オリジナルブレンド!

えっ?

マニアックすぎる?

これでも序の口です、本当に、序です。

皆さんに、分かりやすく説明しますと

ストレートパーマは奥が深すぎて戻れなくなります・・・

現に僕は3日間迷いましたw

調べ物しすぎて、肩はコルし、目はシバシバになるし、ドライヤーテクで腕疲れるし、アイロンワークは難しいし、

寝る直前までも悩んでるんすよ・・・本気出し始めると、すぐこうなりますが長所としています。

やれば出来る子なので・・・

こんな訳で、I,Kでは、経験した事のないストレートの柔らかい仕上がりは

もちろんですが、痛みの部分に関しても、細心の注意をはかっております。

もっと詳しくマニアックに説明もしても良いのですが、止めておきます。

本当にマニアックな話になりますし、正解もない内容なので・・・

ただ他の美容室よりは、考えてますよってアピールは出来たかな?っという

いやらしいブログなのですw

#ストレートパーマ

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示