top of page
  • 酒井

体は痩せないけど、髪は痩せていく件2


北野駅、美容室I.Kです

またいやらしい感じになりますが、

美容室に置いてあるシャンプー剤は、宣伝はうまいのですが、

内容が無い様な物ばかりです。

営業で使用するシャンプー剤も当然コストがかかるので、

業務用で1リットル2000円とかの肌に悪いもので洗っているのが

大半です。

そりゃ手荒れもする・・・

当然、手にも悪ければ、肌に悪い訳ですから、頭皮にだって悪いものが

多いのではないでしょうか。

ここからいやらしいですよ

I.Kでは、すべてオーガニックです

子供にも当然オーガニック!

そして、効率よりも肌や髪の健康を重視して考えているので、

シャンプーはゴシゴシと洗いません。

モミモミと時間をかけてマッサージします。

頭の筋肉を鍛えるのです。

そして産毛は、まだ子供です。

ゴシゴシやったら抜けます!

だから伸びません。

タオルでもゴシゴシ禁止!!

抜けます!

成長して抜けにくくなるまで丁寧に扱いましょう!

こういう、当たり前の事をI.Kではちゃんとしてるだけなんですけれど、

こういう事が、大切だと思います。

やる側である、美容師や、お店の品質が問われると思います。

なんでも効率や生産性だけを重要視しすぎると、本来の職業の目的を忘れるので、

漢字を見直しましょう。

美容室は

「美」です。

「金」じゃない

「楽」でなく

「早」でもない

「美」です。

以前一緒に働いていた若手社員に相談されました。

上司に

「10分でカットしろ、雑でも満足するんだから」と言われ

彼は

「そうなのか?」と疑問に悩んでいました。

まだ技術も高いレベルでもない人が10分に雑にカットして満足すると