• 酒井

パーマのお薬について


皆さんこんにちは、北野駅のスパ&ヘアサロンI.Kです

今回は、パーマのお薬のご紹介です。

I.Kでは、一般的な美容室で使用する、お薬ははありません。

簡単に説明しますと、

通常パーマのお薬には、アルカリという髪の毛に負担を与える成分を多く含みます。

そして還元剤という、パーマをかける成分が入っています。

普通は、アルカリが強く、還元剤は一つの種類です。

I.Kでのお薬は、アルカリが少ない物と、入っていない物を用意してあります。

薬品名は「リボルバー」といいます。

そして、薬を混ぜてオリジナルのお薬を作ります。

還元剤というのは、通常の配合されているのは1種類ですが、

リボルバーは4種類の還元剤を1つの製品に配合されています。

「チオグリコール酸・システアミン・チオグリセリン・システイン」です。

還元剤というのには特徴がそれぞれにあります。

例えば「ギュっという硬い感じ」の還元剤や「フワァ~っという柔らかい感じ」の還元剤。

還元剤の違いを理解したうえで、パーマのスタイルや、髪の毛の状態を判断して還元剤を変える

(薬を決めるという事)のですが、

I.Kで使う薬には、それぞれが持つ良い所を混ぜ合わせた薬だと思ってください。

難しい話ですが、還元剤には「サイズ」や「形状」も違います。

ですから、髪の毛に入った時に作用する場所も違うのです。

I.Kの還元剤をA君とB君に例え、髪の毛を部屋に例えてみます。

「A君は身体が大きくて、小さい部屋へ入れないので、大きい部屋にいき」

「B君は身体が小さいので小さい部屋にいき」

このように、それぞれが適正の部屋に均等に入れる感じです。

通常の還元剤は一つの大きさの人しかいないので、一つの部屋にしかいけません。

アルカリは部屋を開ける人に例えますと、

一般的なアルカリさんは、ボブサップです。

I.Kのアルカリさんは、エスパー伊藤です。

扉の開け方は当然変わります・・・

ボブは扉開ける目的を無視した勢いで、力強く壁ごといきます・・・・

伊藤は、力がないので、ちょっとしか空けれない感じです。

何が言いたいかというと、

扉は開け過ぎない方が良いのに、ボブは壊して部屋の中までも破壊してしまいます。

伊藤の方は、ちょっとしか開けないので、中の物が部屋から出ない。

いい環境でいられるのは、伊藤です。

普通のパーマ剤は、ボブですから、壁ごとガバッとあけて、A君を無理やり部屋に入れて、

部屋の中の物を外に散らかして、混乱・・・ドアは開きっぱなし・・・・

I.Kのパーマ剤は、扉ちょっことあけて、A~D君まで部屋に入れて、中の物も部屋から出さずに、みんな仲良く遊んでる感じです。

そして、開いた扉を閉める事はとても、需要な事です。

その為に必要なアイテムもありますが、

説明が多いとゴチャゴチャしてて分かりにくいので、また今度の機会に。

#パーマ

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示