• 酒井

大切なのは気持ち


皆様こんにちは1日4名様限定サロンI.kの酒井です。

ご予約は、早くに埋まりますので

お越しの際に、次回のご予約を入れられたり

お早めのご連絡をお勧めしております。

最近、美容師らしいブログを載せていませんので、

たまには載せてみたいと思います。

え〜今回は、以前の勤め先で担当をさせて頂いていた

お客様です。

後任者が、かけたパーマの失敗〜かけなおしで

ボワボワの乾燥のギシギシの、、、まぁ状態は

、、、、言葉にならない。。。

これでも今日はかなり、いい状態みたいです。

でカットも左右のレイヤー(段というもの)の違い。

左が下がっていたので、裾の方が重くなっていました。

これは美容師の「クセ」でよくあり

逆に右側が、上がっていて、ハネたり、スカスカな状態になるんです。

ゆるいパーマをかけ直す時に

気をつけないといけないのは、緩かったとしても

強い薬を使わない、ロッドを小さくしすぎない

などなど、あります。

今回は、「アルカリ」や「強還元剤」は使わないで

システイン補給(たまみるく)

ケラチンやCMCなどの、髪の毛に不足しがちな

栄養と言いますか、元気な感じになるのを入れていきました。

仕上がりです。

パーマは、まとまる様に、かけ直ししました。

お客様の希望です。

今回だけでは、昔のようには

戻りません。。。

お客様も承知です。ですが喜ばれていました。

それは、対応だと思います。

こっからが重要で。。。

クレーム対応に大切な部分だと思うのですが、

(クレームと思っている時点でダメなんですけど、、、)

やり直しがきたとして

お客様の言っている事が、美容師としては納得しにくい事や

矛盾している事を言われたとしても

お客様が、感じている事、を言いたい事を

「理解」しようとする美容師側の「思考」が大切だと思います。

「んだよ、お前言ってる事が、この前と違ぇじゃん」とか思わないで

「どうしたら、綺麗になるのかなぁ?」でいいんですね。

工夫をしていく。

今回のお客様は、

パーマをやり直して、チリチリになっても

担当したyに(担当者をyという事にして)

外で会った時、勇敢にも声をかけたそうです。

(ちなみにyは、お客様が、今後うちのサロンに行く予定なのを知っている)

「yさんこんにちは」と

ですが

yはプイっと背を向け去っていったそうです😢

お客様は、相当なショックを覚えたそうです。

いい人なんです、優しくて、、、、

その場を想像すると泣けてきます😢

もう、そのサロンへは行かないでしょう。。。。

というか行けないですね、、、

そんな塩対応されたら。

(塩を超えてハバネロ対応ですね)

僕は、以前のサロンに迷惑がかかる様な

「奪う的な」集客はしていませんが

最近は

以前担当していた方や、担当した事も面識のない方にも

お越し頂くようになっています。

みなさん、おっしゃいます。

「あのサロン変わったよ」

当然技術面も大事ではありますが、

それよりも

対応や受け入れる「心がけ」とか、

「気持ち」の面が反映していそうです。

気持ちって技術にも反映します、本当に全然違います。

技術があっても「気持ち」がなきゃダメだと本気で思います。

まぁ

僕としては、ラッキーです😃

何もしていないのに、お客様に来ていただいてる訳ですから😃

このように

対応や向き合う気持ち次第で、

お金を使って必死に集客して

顧客になってくださった、大切なお客様を流失するのも

自分次第だなぁっと思うこの頃、

僕自身も人のことは悪く言えないで僕も気をつけます(^^)

あまり

よそ様を、指摘・否定するような事はしたくないですが

古巣の事でもありますし、、、、

今回は特別ということで。。。

#美容論 #パーマ