• 酒井

パーマのこと2


皆様こんにちは、1日4名様限定サロンI.Kの酒井です。

12日は少し空きがあります。

来週も、すでに埋まってきていますので

ご連絡はお早めに!

さて今回は前回のパーマの

つづきを

前回は簡単な工程の話を載せましたが

今回は、うんちくを、ナンチャラカンチャラ

説明してみようかなっと思います。

まず

パーマをかける前にコレをつけます。

「ペリセア」と「キトサン」混合水です。

「ペリセア」

化粧水や美容液にも

含まれる事もあります。

ダメージ毛に深く浸透。

高い残存性で痛んだ髪を修復・保護する成分。

これまでの毛髪補修原料は、

表面をコートするのみであったり、

内部浸透する原料でも、浸透に非常に時間を

要する等の課題があります。

「ペリセア」は、1分間程度の極めて短い

処理時間で毛髪内部に浸透し、

なおかつ毛髪表面をコートする、

毛髪ダメージを内と外から補修します。

「キトサン」(アニオン)

化粧水や美容液にも配合されます。

今回のは「アニオン化」です。

ペリセアもアニオン性です。

ここは大事な部分です。

キトサンは

網の目状の皮膜を形成します。

育毛効果もあると言われております。

縮毛矯正における還元処理や熱処理では、

ペリセアと併用することで毛先のゴム化や

ビビリも起こしにくくなり、

リスクの有る施術でも余裕を持って行えます。

強烈なトリートメント効果が得られます。

っと、まぁ優秀です。

怖いものがない。

チリチリやギシギシのリスク

が通常よりも軽減されます。

また、ここで注目して欲しいのは、