• 酒井

パーマのこと3


皆様こんにちは、1日4名様限定サロンI.Kの酒井です。

来週は、まだ空きがありますよ。

でも、きっとすぐに埋まりますよ。

お早めに!

さて前回の続きを

パーマのうんちくでしたが、

前回は「ペリセア」「キトサン」でしたが

今回は

「アニオン性ケラチン」

これはパーマ1液を流した後につけます。

内容は、、、

ダメージ軽減・システィン酸(ダメージ元)抑制

・疎水性UP・リッジUP(パーマ形状)・

パーマのかかりの持ちの向上にも良し!

良いです! 

そして

「ヘマチン」

内容は、、、

S-S再結合強・皮膜架橋効果・消臭・育毛

毛髪損傷部分に作用し、パーマの後に極度な

パサツキ・ビビリ・退色・

感触の低下を防ぎ、改善させます。

パーマネント処理には欠かせなくなった

クリープパーマ、縮毛矯正での

還元効率を上げる。っと

良いです!

そして

「PHトリートメント」

もう僕は、こいつの虜です。

こいつがいなければ、薬品使う施術は行えない!

というか行わない!

簡単に説明しますと、

薬品内に含まれている「アルカリ」

ダメージの原因の一つなんですが

取り除いてくれます。

普通はできません。

(出来て一時的に弱酸性域にする程度)

そして、この「PHトリートメント」の中には

更に「18-MEA」が配合されています。

「18-MEA」とは、、、

髪にしなやかさを与え、髪の静電気を防いだり、

パーマ・染毛によるダメージや退色を防ぎます。

髪の毛のパサつきや、湿気による

クセが出てしまうのを防いでくれる。

優れものです。

優れすぎ

君たち優れすぎて泣けてくる

まだこれでも中間処理中。

また長いので次回へ

つづく

なんかカッコイイな

#パーマ #ケア

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示