top of page

ヘアクリーム配合成分について


皆様こんにちは、1日4名様限定サロンI.Kの酒井です。

予約はすぐに埋まるので

お早めに〜

前回は

「オリジナルヘアークリーム」

を作ることになった報告でした。

今回は

試作内容を・・・

これ👆

有効成分簡単に、ご紹介します。

まず

アルガンオイル

ビタミンEはオリーブオイルの約3倍

”若返りのオイル”とも呼ばれています。

ビタミンEは正式にはトコフェロールと呼びますが、

トコフェロールは肌の抗酸化力に優れており、

肌荒れや乾燥肌を改善する作用や

血色をよくしてくすみを改善する作用。

  • 抗酸化作用によって活性酸素除去や過酸化脂質の発生を防ぐ

  • 肌のバリア機能をサポートし、保水機能を上げる

  • 血行を促進して肌荒れやくすみを防ぎ、老化防止につなげる

  • ターンオーバーを促進し肌の新陳代謝を良くする

  • 皮膚の傷跡を修復する

  • 紫外線を吸収する(酸化しにくいオイルで油焼けしないため日中の使用もOK)

などなどと

アルガンオイルだけではありません。

プラセンタエキス

アミノ酸やタンパク質・脂質・糖質

の三大栄養素はもちろん、

ビタミン・ミネラル・核酸・酵素など

あらゆる栄養素が含まれています。

エイジングケアに作用する栄養素として知られ、

他にも抗酸化力を向上させる活性ペプチド、

細胞と細胞を繋いで健康な肌をつくる

ムコ多糖体(ヒアルロン酸など)

活性酸素を除去する

プラセンタ(胎盤エキス)は栄養の宝庫。

シミやシワの予防効果

紫外線を長年浴び続けるとお肌の

ハリを保つコラーゲンやエラスチンが破壊され、

シワやたるみの原因になります。

紫外線は表皮のメラニン細胞も

活性化させるため、シミの原因にもなります。

プラセンタには、

お肌の細胞を活性化させ

ターンオーバー(お肌の新陳代謝)を

促進させるアミノ酸や成長因子、

抗酸化作用で細胞の酸化(サビ付き)

を防ぐ生理活性成分なども

豊富に含まれているため、

紫外線ダメージによる

シミやシワを改善する効果が期待されます。

まだまだありますが、

とりあえず、こんな感じで。

徐々にご紹介ができると思います。

閲覧数:108回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page