• 酒井

美容論


1日4名様限定サロンI.Kの酒井です。

ご予約は、お早めに。

すぐに埋まってしまいます。

最近の美容室について思うこと

それは、「基準」に置く大切さが

ブレまくっていると、思います。

何を「大切」にしているのか

とも言える事ですが。

以前は完全に「お客様」でした。

今は「従業員」に移行しています。

気持ちは分かります。

こんな時代ですし、即辞めます。

いっぱい美容室もあるし。

ですが、辞めない環境を作る為にしている事が

可笑しい(失笑)

まず

練習させないで早く帰らせる

練習で大変なのは、当たり前です。

大変で辞められると困るからと言って

「美容師」である専門職人が技術怠ってどないすんねん!!

本末転倒です。

苦労するから、営業に現れるんです!

その苦労した経験が!

下積みが少ない(勘違い美容師を作る)

昔はできる様になるまでは、下っ端です。

できるまで、練習!テスト受かるまで繰り返す!

ですが今は、練習はしないし!テストは甘い!

終いにはテスト3回落ちたら合格!っとか

意味が不明なシステムまであります。

そして

できないまま、スタイリストになり、

出来てないのに、カットやパーマをします。

そうなると、お客様は離れて当然です。

お客様をバカにしすぎ!

利益しか見てなさすぎ!

タチが悪いのは、出来ないのに出来てる

勘違いを起こします。

本当にタチが悪い!

「俺(私)は50万も稼いでるのに給料が引くい」とか

「チラシばかりの客だから指名が増えない」とか

一丁前になって、自分の過大評価までする始末・・・アホ

良かれと思って作ったシステムは

アホ製造システムでしかない。

厳しいから楽しいの!

僕は「ゆとり」だなんだは気にもしません。

本人達が選んで「ゆとり」を選択したのではなく

「大人達」が選択して進めたシステムです。

今回の話も同じです。

勘違い美容師が悪いだけではないんです。

勘違い美容師を作ったり

技術の伝達の場を奪っている

「会社」が進めたシステム

「会社」に責任があります。